2016/05/08 練習日報

楽しみにしていたゴールデンウィークもあっという間に通り過ぎましたね。

次の祝祭日は…

うわ。7月だ。

…っと、わかっていることをわざわざ文字にすると改めてへこみますね(じゃ書くなよw)。

 

昨日、日曜日はそんな中での練習でした。

僕もお休みの間のデカダンスな生活がたたったのか、音が全く安定しませんでした。

ああ、昨日だけは楽器が違ったからってのもあるでしょうかね。

ヤマハYSL-891Z。人に預けてたものが戻ってきました♪

吹きやすくてかなり良い楽器なんだけど、今まで使ったものの方がやはり自分にも合っている気がするので、ストックにしようと思います(欲しい人は希望の金額添えてメールください。ってHPを私用に使うなよw)。

 

さて練習ですが、ドラムOさんがお休みということで、超久々にO君に来てもらいました。

そしてアルトにもEさんに。Eさんは…もしかして7~8年ぶり?に遊びに来てもらいましたね。

ありがとうございましたm(__)m

 

そしてフルートHさん。見学したい!とのことで来て下さったのですが、なんだかんだで楽器も吹いてもらいました。

前回お聴きした時以上に良い音で、フルバンドの中でも音が聴こえるのはすごいなぁ!と思いました。

一緒に演奏も楽しいですが、機会があればオーディエンスとしてゆっくり堪能したいものです♪

 

最近の練習の流れとして、前半はランダムに選んだ曲をやって、休憩はさんで後半は本番に使う予定の曲をやるんですが、

前半のランダム時には初見の方が多くて僕もメンバーも毎回苦戦させられます。

ただその時に、基本的な考え方などを極力述べて、ある程度の方向性を見出したいと考えています。

演奏は超のつくグダグダな場合が多いです。が、休憩を挟んで気持ちを切り替えて、後半に臨むようにしています。

 

が!今回はその後半が問題。

譜面がない曲が続出。前回の本番以来初めての練習だったので、譜面がそろっていませんでした。

なので昨日は本番向けの曲はほとんどやっていません…

なので仕方なく、前半同様ランダムチョイスでの練習がメインとなりましたが…

先ほども申し上げたように、ウチのバンドは初見力が皆無と言っても良いでしょう。

最後まで通るのが奇跡だけど、迷子になりながら最後まできて「なんか周りが終わったからジワッと音止めてみました」感がすごいですw

初見をやるのには意味があります。

ぶっつけで自分がどこまで対応出来るのか、そして出来ていない部分はどこか。

そしてその対処法は。

それらを身体で学んで欲しいからこその練習です。

完璧な演奏は求めていません。

対応力と集中力。

そして自分自身の欠点や弱点を見つめること。

 

限られた時間でどこまで出来るようになるか。

そしてそれは誰のためなのか。

もう一度良く考えて欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA