2016/04/03 練習日報

昨日、日曜日は練習でした。

4月24日に本番が決まったので(詳細は色のついた文字をクリックしてください)、今月は急きょ練習を増やしました♪

お話しを持ってきてくださったアルトYさん、ありがとうございますm(__)m

「真木の大藤」が見ごろということで、それを囲んでのお祭りになります。

美しい藤に見守られて、きっと素敵なイベントになると思います。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げますm(__)m

 

さて練習ですが…

少し人数が少なめ(とはいえ12名。ありがたいことです)でしたが、序盤はリードアルトM君に選曲をお願いしてみました。

ほどよい曲から徐々に課題の多い曲にシフトしていったので、とてもやりがいがありましたね。

次からも任せちゃおっかな~(職務放棄気味)ww

 

休憩をはさんでからは本番で使う予定の曲や新曲(たぶん僕以外初見でしたね)をやってみたり。

ちょっとテンポの速い曲だったので面食らったかもしれませんが、やれば出来ると思います。

やんなきゃ出来ないままなので是非モノにしたいですね。

しかし!いくら速い曲だ難しい曲だと言っても「それ」を練習することにあまり意味がないのは事実です。

テンポに慣れれば指は動く、反応は出来るようになるでしょうけど、それだけじゃないのは今回の練習で(僕には)よくわかりました。

皆様に伝えたいことがたくさんあります。時間がいくらあっても足りませんw

皆様個人も同じです。

「曲が難しいから曲の練習したい!しなきゃ出来ないし!」と「基礎やんなきゃ応用力がつかない」は、相反すると思うのですが、

曲の練習をやりたきゃ基礎練やってから。

これを徹底するだけでずいぶん違ってくると思います。

僕も何年も何度も同じようなことを言い続ける賽の河原状態からは早く抜け出したい(練習不足の自分自身も含めて)ですからねww

本番までに残された練習回数はあと2回。

しっかり準備して、皆さまに楽しんでいただける良い演奏・良いステージになるよう頑張りましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA