2014/10/26 練習日報

すっかり涼しくなってまいりましたね。

健康第一で皆様が素敵な毎日を送られますよう祈っておりますバンマス久保山です☆

 

さて昨日、日曜日は練習でした。

ベースTさんに加えてTPにKさんが遊びに来てくださいました、ありがとうございました^^

 

Kさんはクロスビートには久々に来ていただきました。

ウチで演奏していただいても良い音で、何か安心しましたww

 

本番ラッシュの呪縛から解き放たれたので、譜面の整理と初見の練習。

初めて見る譜面が多かったのではと思います。

僕もやった記憶は確かにあるんだけど「あ。これこうやった」とかやらかした後で思い出したりww

 

そんな中でも皆さん、必死について行こうと努力されていて、感心しました♪

 

そうそう。

初見で本番、ならまだしも(プロなら良くあることなのでしょうかね。いや最大限の結果を生むために最善を尽くすプロだからこそぶっつけ本番なんてあまりやらない気がします)、

私たちはアマチュアです。

ほとんどの場合、きとんと準備をする時間が与えられています。

それは「○○という曲をやれるようになる時間」ではなく、音楽を感じて耳で、身体で覚える時間です。

 

昨日感じたのは、皆さん初見の譜面に集中するあまり、視野が狭くなっていました。

そりゃ進行やキー、オタマジャクシなどなどきちんと見なきゃいけないのは良くわかります。

ミスったらガタガタ言うバンマス人もいるかも知れませんしねww

 

大丈夫、僕も初見(やそれに近い状態)だからあまり周りを気にしてる余裕がないです。たぶん、普段よりも4割ぐらい周囲への注意力が落ちてますww

 

よほど難しいフレーズなどでもない限り(というかむしろ難しくなればなるほど)周囲の音をモニターしつつ演奏することです。

それは上手くなればやれること、ではなく恐らくいつでもやれることだし、後からやろうと思ってもなかなか身に付かなくなるものだと思います。

 

初見だろうと難しい曲だろうと、常に一定の心の余裕を持つこと

 

を心がけてみて下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA