2014/04/07 練習日報

4月になり、桜も散り始めていますね。

行く先々の道に桜の花びらが敷き詰められている今は結構好きな季節です♪

 

当バンドでも人事異動がありました。

去年秋頃から不在だった待望のベーシストさんが新たに加入!

Oさん、ありがとうございます。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします☆

 

ご紹介下さったTさん、またOさんの先生Kさん。

お二方の御好意・お骨折りに深く感謝いたしますm(__)m

 

Oさんのクロスビート初参加!を見守るべく、

そのTさん、Kさんが見学に来て下さりました♪

まだまだ不揃いな演奏なのに最後まで聴いていただきありがとうございます^^

 

急な来客に(普段ご一緒する時はあまり気にしてなかったけど、座って黙って聴いておられると特に)バンド全体の緊張感(主に僕なんですが)がすごかったですねww

たまには演奏しないお客さんが来てくださるのも良い練習・良い刺激になることが良くわかりました♪

 

合奏は・・・サックス、TBに穴があり、せっかくの演奏が残念な感じになってしまいましたね。

リハドラも探してはいるのですがなかなかTT

 

慣れていない譜面も多かったので厳しかったってのもあるでしょうけど、今やっている曲の中でいくらやっても出来ないほど難解な譜面は絶対にありません。

ここでも何度も書いていますが初見力を身に着けることです。

初見力と言っても、どんな譜面が来ても完璧・確実にこなす!

のが理想ではありますが、まずは

良く出るフレーズ を確実に演奏できるようになることからはじめましょう。

ひとつの曲・譜面ばかり演奏していてもそれは絶対に身につきません。

以前から譜面を持ち帰ったりコピーして帰る方々がたくさんおられますが、譜面を何度さらっても実はあまり意味がありません。

理由は簡単。

そのコピーした譜面だけでどうにかなるほど世の中甘くないからです。

もし、どうにかなる世界だったらとっくの昔に飽きて辞めていますw

初心者でしかも本番までの時間が限られている場合などは仕方ない部分もありますが、

長くやってりゃ個人練習に譜面の練習やることの意味の無さ(そのステージで引退するなら止めはしませんが、上手くなりたいのなら)は良くおわかりだと思います。

個人練習での譜面離れも心がけましょう。

 

 

それから・・・

加入して下さったベースさんに、早速他バンドへの勧誘活動を行った方がいます。

ベースさんがいないと大変なのはどこも同じですから気持ちはよくわかりますが、

当バンドのためにお骨を折って下さった方々(僕も含みます)の面目をつぶすような真似は今後絶対にやめてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA